心療内科と精神科はどう違う?

■心療内科と精神科ってどう違うの?

心療内科も精神科も「こころの病」を治療する診療科目です。

ただ、大きな違いとして、次のように分かれています。

・心療内科は、こころの病が原因で症状が「身体」に現れる病気を治療する。

・精神科は、こころの病が原因で症状も「こころ」に現れる病気を治療する。

もう少し、詳しく説明していきましょう。

〇心療内科

心療内科では、心理的な要因から身体に症状が現れる「心身症」が主な対象となります。

心身症とは、心理ストレスの影響により、身体に機能的障害を患う症状を指します。

例えば、職場や学校など、特定の場所・状況になると頭痛や吐き気、下痢に襲われるなどは、心身症に当てはまる可能性があります。

内科などを受診し、特に異常は見当たらないにもかかわらず、身体の不調が治らない場合は、一度、心療内科を受診してみた方がいいかもしれません。

主な症状

・倦怠感、疲労感・動悸や胸の圧迫感・手足のしびれや震え・めまいや耳鳴り・喘息・腹痛や下痢など

主な病名

・心身症・消化器心身症・うつ病・睡眠障害・過換気症候群・拒食症など

〇精神科

精神科は、精神疾患を専門に扱う診療科目となっています。

不安や落ち込みなどの症状から幻覚や妄想といった症状まで、こころで起こってしまう病気を治療します。

「周りがみんな自分の悪口を言っている」「近所の人から監視されている」などの思い込みも、よくある症状のひとつです。

また、アルコールや薬物などの依存症も精神科の担当分野となります。

主な症状

・不安・抑うつ・不眠・幻覚、幻聴・妄想・物忘れなど

主な病名

・依存症・うつ病・解離性障害・強迫性障害・睡眠障害・摂食障害・双極性障害(躁うつ病)・適応障害・統合失調症・認知症・パーソナリティー障害・発達障害・パニック障害・PTSDなど

■心療内科と精神科のどちらを受診するか迷ったら

ストレスが原因で心身の不調を感じ、

いざ、受診しようと思っても、心療内科と精神科のどちらを受診したらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

そんな場合は、診療科目に心療内科・精神科の両方を含んでいる病院への受診をお勧めします。

症状を伝えることで、心療内科・精神科のどちらが適当であるかを判断し、病院内で柔軟に対応してもらうことができます。

また、近所に心療内科・精神科の両方を扱っている病院が無い場合、

もし普段受診している掛かりつけの医師がいるのであれば、症状を伝えて判断を仰いでみることも大切です。

心療内科・精神科のどちらを受診するべきか、また適当な病院を紹介してくれる場合もあります。

そよかぜ病院では、心療内科・精神科ともに受診可能です。

もし、受診を迷われているようでしたら、まずはお気軽にご来院ください。

PAGE TOP